ささえあいステーション-地域課題を解決する仕組みづくり-

ささえあいステーションは、箕面市から「顔の見える総合相談・支援モデル事業」の委託を受けて設置された住民の支え合い活動を推進するための総合窓口です。
各校区を担当する職員が、地域でのボランティア活動や普段の生活での困りごとをお聴きしながら一緒に解決方法をみつけ、時には住民の皆さんと共に新たな取り組みをすすめることで、地域共生・支え合いの社会の実現を目指しています。
※現在はモデル事業として、6小学校区(豊川南小・萱野東小・萱野北小・萱野小・北小・中小)に設置しています。

箕面市内でのささえあい活動

箕面市内でのささえあい活動

この他にも、箕面市内では様々なささえあい活動があります。
詳しくは、ささえあい通信、社協ブログをご覧ください。

社協ブログ(地域でのささえあい活動)


ささえあいステーションでは、こうした活動を広げるために、
以下の取り組みを実施しています。

ささえあいステーションの取り組み

ささえあいステーションの取り組み

1. 地域状況の把握

(1) 地域の情報収集(地域訪問)
a)地域で活動している団体や民間事業所を訪問し、活動などの情報を収集します。
(訪問先)
地域活動団体、サロン(集いの場)、サークル活動、生活関連事業所(スーパーなど)など

b)収集した情報の整理をします。

≪地域情報シート≫
地域訪問で収集した地域情報や地域特性、
人口などの基礎情報をシートにまとめています。
※「地域情報シート」は、こちらをクリック

地域情報マップ≪地域情報マップ≫
市内での住民同士の集いの場や業者による移動販売車の停車場所などを、マップ上にピンを落として見られるようにまとめています。
※「地域情報マップ」は、こちらをクリック
(2) 様々な相談対応(総合相談)
地域における活動や日常生活のお困りごとについての相談窓口機能
 
●例えばこんな相談があります
  • 住民が集う場を作りたいが、どう進めていけばよいか。
  • 自治会で高齢化が進み、見守りや安否確認についてを考えたいが
    どうしたらよいか。
  • 箕面市に引っ越してきてしばらく経つが、知り合いも少なく、することもなくて毎日が寂しい。
  • 近所のお一人暮らしのかたが高齢になり、最近様子が変なので生活ができているか心配。
    その他、地域活動のことや個人のことなど、担当職員へお声かけください。

2. 困っている人と助けたい人をマッチング

困っている人と助けたい人をマッチング地域の困りごとと手助けできることを結びつけます。人と人、人と情報、人と支援、地域団体と事業所などをつなぎ、ネットワークづくりのお手伝いをします。

3. 話し合いの場づくり(ささえあい推進会議の開催)

  • ささえあい推進会議収集した情報による地域分析を行い、小学校区での情報共有の場を開催します。
  • 地域課題に応じて、地域住民や団体、事業所などと共に解決方法の検討をします。
    ※各校区での取り組みについては、こちらをクリック(社協だより号外)

各校区のささえあいステーション

以下の6つのモデル校区で、下表の曜日(祝日、年末年始は除く)の10~16時に開所します。
※予約は不要ですが、会議などで不在の場合もありますので、念のため電話確認のうえお越しください。

小学校区 曜日 場所 問い合わせ
火・土 みのおサンプラザ1号館3階 070-2443-4892
萱野 木・土 みのおライフプラザ
(中西部高齢者くらしサポート内)
木・土 障害者福祉センターささゆり園 070-2443-4893
豊川南 木・土 あいあいルームとよみな
(多文化交流センター地下)
070-2443-4894
萱野東 火・土 みのおキューズモールEAST1-2階
(中東部高齢者くらしサポート内)
萱野北 火・土 コミュニティセンター萱野北小会館
(如意谷の里)
070-2443-4895

ささえあいステーション